歯周病と全身のかかわり

歯周病の問題はお口の中だけにとどまりません

歯周病は、歯を支える歯周組織が溶かされることによって炎症や出血が起こり、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。しかしその問題は、お口の中だけにとどまりません。実は全身にもさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっています。こちらでは、千葉市中央区の歯医者「藤本歯科 登戸医院」が、歯周病と全身のかかわりについてご説明します。

歯周病菌はお口の中から体内にとり込まれ、さまざまな器官に送られて以下のような全身疾患を招きます。また、全身疾患が歯周病を悪化させるケースもあります。「出血があるけど痛くないからいいや」などといって放置せず、早期治療に努めましょう。

糖尿病

糖尿病とは、血糖を下げるホルモンであるインスリンが不足することによって高血糖状態が続く病気です。血糖値が高い状態が続くと、感染症、動脈硬化、白内障などのさまざまな合併症が起きやすくなります。

また、糖尿病の人は歯周病にかかるリスクが高く、逆に歯周病にかかっていると糖尿病が悪化しやすいといわれています。くわえて歯周病治療によって血糖値の改善が期待できるという報告もあるなど、この2つの病気は切っても切れない関係にあると考えられているのです。

心疾患

歯周病になると歯ぐきに炎症性物質ができてしまい、それが血流によって心臓に到達することで心疾患を招くことがあります。歯周病が重度になればなるほど、心疾患にかかるリスクが高くなるといえるでしょう。

心疾患は食生活や運動習慣、ストレスなどの要因が積み重なって発症する病気ですが、その要因の一つに歯周病が大きくかかわっているのです。

誤嚥性肺炎

誤嚥(ごえん)とは、加齢や認知症、脳血管障害などによって「飲み込むこと」がうまくできなくなり、誤って気管に食べものが飲み込まれてしまうこと。このとき歯周病菌が入り込んで肺に到達してしまうと、肺炎を起こすことがあります。これが「誤嚥性肺炎」です。

肺炎は、高齢者の死亡原因の上位にあげられる怖い病気です。つまり、歯周病は命にかかわる病気でもあるのです。

早産・低体重児出産

歯周病にかかると、そうでない人に比べて早産や低体重児出産の確率が8倍になるというデータが出ています。その原因は、お口の中で歯周病菌と戦う免疫機能が生み出すサイトカインという物質。サイトカインが歯ぐきの血管から体内に入り込み、子宮を刺激することで早産を促すのではないかと考えられています。

低体重児は病気にかかりやすく、さまざまな障害を負ってしまう危険性も高まります。生まれてくる赤ちゃんの健康のためにも、妊娠中にはしっかり歯周病治療を受けましょう。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、全身の骨密度が少なくなっていく病気です。女性に多いことから、女性ホルモンの減少に関係していると考えられています。実は、骨粗しょう症の方は、お口の中の骨量も少ない傾向にあります。つまり骨粗しょう症は、歯周病のリスクと隣り合わせなのです。

一方、歯周病の治療によって骨粗しょう症の改善につながった例もあるほか、歯周病治療のために撮影したレントゲンによって骨粗しょう症が診断できたというケースもあります。両者はいずれも「骨の病気」であり、深い関係があるのです。

歯がグラグラしていてもあきらめないで! 末期歯周病の治療についてはこちら