当院で行っている歯周病治療の流れ

一人ひとりに適した治療を進めます

千葉市の歯医者「藤本歯科 登戸医院」では、精密な検査とていねいなカウンセリングを元に、一人ひとりの患者さんに即した治療を患者さんの同意の元で進めていきます。

STEP 1. 検査

はじめに各種検査を行い、現在のお口の中の状態や進行度をくわしく調べます。
【プラーク(歯垢)の付着検査】
赤い染め出し液を歯に塗布することで、どこにどれくらいプラークがあるかわかる。
【歯周ポケット検査】
プローブというものさし状の器具で、歯周ポケットの深さを測定。深いほど進行していることがわかる。
【歯の動揺度検査】
ピンセットで歯を動かし、揺れ幅を調べる。大きく動くほど進行していることがわかる。

STEP 2. 応急処置

歯ぐきがひどくはれ、痛みや膿が出ているなどという場合には、応急処置を行います。歯ぐきを切り開いて溜まった膿を出したり、応急的な咬み合わせの調整を行ったりするほか、必要であればお薬を処方することもあります。

STEP 3. ブラッシング指導

歯周病治療では、医院での治療だけでなく、ご自宅での毎日の正しいブラッシングがとても重要になります。そのため治療開始前には、毎日プラークをきちんととり除けるよう、一人ひとりのお口に合ったブラッシング方法を指導します。日ごろのみがきグセを直し、正しいケアを身につけましょう。

STEP 4. スケーリング(歯ぐきの上)

プラークが硬くなってできた歯石は、ブラッシングだけでとり除くことはできません。そこでスケーラーという器具を用いて、歯ぐきより上の部分の歯石を徹底的に削りとります。

STEP 5. 歯周ポケット・出血の検査

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)に出血があるか、炎症の状態はどうかといったことを確認します。スケーリングによって出血・炎症が治まれば、次のステップに進みます。

STEP 6. SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

続いて、歯周ポケットの中にできている歯石を、スケーラーによって徹底的にとり除いていきます。最後に歯面をつるつるにみがき上げ、プラークの再付着を防ぎます。

STEP 7. 歯周外科手術~フラップオペレーション~

SRPでも症状が改善しないほど症状が悪化している場合には、フラップオペレーションを行います。麻酔をした上で歯ぐきを切開し、歯根を見えるようにしてからこびりついた歯石をとり除いて、最後に歯ぐきを縫合する方法です。

STEP 8. 補綴(ほてつ)治療

補綴治療とは、欠損した歯の形態や機能を技工物で補うことです。歯周病によって歯ぐきがやせて歯根が露出してしまった場合、グラついて咬み合わせが乱れてしまった場合などに適切な技工物を作製して装着し、咬み合わせや見た目を回復させます。

STEP 9. 再検査

歯ぐきに炎症はないか、プラークの付着の程度はどうか、歯周ポケットは浅くなっているかなどを検査し、引き続き治療が必要だと判断されれば継続します。改善が見られれば、治療は完了となります。

STEP 10. 定期検診・メインテナンス

治療が完了したら、3ヶ月に1度くらいの割合で定期検診にお越しいただきます。歯周病菌は残っていないか、治療後のよい状態が維持できているかなどをチェックし、ブラッシング指導や専門的なメインテナンスを行い、お口の環境維持を図ります。

どんな治療実績があるの? 当院の歯周病治療症例についてはこちら