歯周病とは

あなたは大丈夫ですか?~歯周病~

かつては「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という名で呼ばれていた歯周病。よく耳にする病名だと思いますが、一体どんな病気なのかご存知でしょうか?

歯周病は、日本人の成人の約8割が罹患している、もしくはその予備軍であるといわれている病気です。もはや「国民病」といえるほど広まっている病気でありながら、どんな病気なのかをきちんと理解されている方はあまりいらっしゃらないように思います。そのため、放置してしまったり間違った対処をとってしまったりするケースが非常に多いのです。

正しい治療を受けて治癒を目指すなら、まずは歯周病について知ることが必要です。「私もかかっているかも」ということを頭におき、正しい知識を身につけましょう。こちらでは、千葉市の歯医者「藤本歯科 登戸医院」が歯周病についてご説明します。

歯周病とはどういう病気?

歯周病は、プラーク(歯垢)内に潜む歯周病菌によって歯周組織が壊されていく病気です。歯ぐきの炎症にはじまり、血が出たり膿が出たりして、最終的には歯を支える骨が溶けて歯が抜け落ちてしまいます。

薬局などでは、歯周病の改善をうたった塗り薬が売られていますが、残念ながら薬を塗るだけで治るほど簡単な病気ではありません。もし一時的に出血などがおさまったとしても、それは治ったわけではなく、あくまで一時的なもの。歯科医院できちんと治療を受けなければ、症状は悪化してしまいます。

歯周病とは、お口の中にできた傷のようなものです。傷が広がれば傷口だけでなく、その傷から細菌が体内に入り込んで全身にさまざまな悪影響を招くこともあるのです。歯周病のことをもっとよく理解し、積極的に治療にとり組みましょう。

歯周病の進行度について

歯周病は、その進行度によって呼び方が異なります。

歯肉炎

歯肉炎

歯周炎

歯周炎
軽度の歯周病です。歯肉が赤くはれて、ブラッシング時などに出血しやすくなります。この時点ではほとんど痛みがないため、自分では歯周病だと気づきにくい時期です。 歯肉炎が悪化すると歯周炎になります。歯を支える顎の骨や歯ぐきなどの歯周組織が破壊されることで、歯はグラつき、そのままにしておくと抜け落ちてしまいます。

歯周病になる原因とは?

お口の中でつくられたプラークは、歯の表面や歯と歯ぐきの境目にこびりつきます。歯周病は、プラークに棲みつく歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こすことで発症。発症すると歯ぐきは徐々に赤くはれあがっていき、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)はどんどん深くなっていきます。それに伴ってプラークはどんどん歯周ポケットの中に入り込み、炎症を広げて症状を悪化させてしまうのです。

つまり、歯周病の直接的な原因はプラーク。プラークは歯科医院でのクリーニングや毎日の適切なブラッシングなどできれいに取り除くことができます。しかし、逆に「ていねいにブラッシングしていない」「ブラッシングがうまくできていない」という状況だと、プラークを除去できないので、簡単に歯周病を招いてしまうということを覚えておきましょう。

大切な歯を失わないために。歯周病治療へのこだわりについてはこちら